女子力アップのための努力

MENU

女子力アップのための努力

子供が産まれて3年。
女子力はダダ下がり、ノースキンケア、オールウェイズスッピン、楽で汚れてもいい服装、髪はベリーショートで寝癖のまま。
今女子力最底辺の私。

 

夏場にちょっと日焼け止めを塗っては女子だと思い出す程度だったのが、最近は少し余裕が出来て、たまーに化粧水をつけれるようになってきた。
コットンでパタパタしてると女子だった頃を思い出す。

 

友人の小学生の子が「コイバナ」してるなんて聞いたら、あーそんな時があったなぁなんて懐かしくなるくらいキュンキュンしてない。
母になっても綺麗でいられる人との違いは何だろう?
やっぱり社会との繋がりと、旦那への恋心だろうか?それとも理想の女性像?世間の目?

 

脇目も振らず、子供と公園に繰り出す私は今完全に「おばさん」である。
元々美容は大好きだった。高い化粧品もスキンケア用品も買っていたし、エステにも通った。
シミが毛穴がニキビがと言っていたのはなんだったかのように、今、何もしていないのにニキビが気になることはない。シミや毛穴は見えてないだけかも知れない・・・(汗)
言い訳のようだが鏡をじっくり見る時間がないのだ。

 

まだ子供が小さい時、クレイファンデーションのワークショップに参加したことがある。
その時の高揚感やトキメキ、集まった仲間の表情。
皆子持ちだったが、あれはまさしく女子だった。
私も久しぶりにファンデーションやチークのお試しをして、ワクワクしていた。

 

思うに女子力ってトキメキなんじゃないかしら。
子供が少し手を離れたら、私もまたお化粧してダイエットに成功して、お友達とちょっとお茶して、気になっていたことに手を出してみよう。
ワクワクやってみたい好奇心は、少しお疲れだったおばさんの私の目を輝かせてくれるだろう。

 

あー、化粧品業界も変わったんだろうなぁ。今の化粧方法はどんななんだろう?
考えるとワクワクしてきた。
あ、ちょっと今女子力上がったかも!

 

地味なアラサ―の女子力アップ

 

若い頃はぼちぼちモテていたのですが、アラサ―になってからだんだんとモテなくなりました。
そこで女子力アップのために地道に努力するようになりました。

 

セルフネイル

若い頃はほとんどしたことがなかったのですが、指先が綺麗だとふと気付いた時にドキッとするかなと思います。
また自分自身の気分も上がるので、セルフネイルをするようになりました。
デザインはシンプルで、ラメもあまり目立たないものを使用しています。
自分の見た目がわりと地味なので、無理せず自分に合ったデザインを選んでいます。

 

ヘアスタイル

社会人になってからは黒髪を貫いてきたのですが、柔らかい印象にしてとっつきやすいように、ヘアスタイルを変えました。
中身が大事と言っても、やはり最初は見た目から入るので、できるだけ話しかけられやすいようにしました。
まずカラーは大人らしく黒に近い茶色で、赤みを入れて女性らしくしました。
また顔が少し老けているので前髪を作りました。

 

若い子たちは普通にやっていることですが、私のような地味なアラサ―も少しだけ意識することで変わることができます。
是非世の中の地味なアラサ―女子にもやっていただきたいです。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

登録フォーム

ページランク4以上、発リンク数100以内のサイト様で、下記のリンク設定をして頂くことが条件となっています。
下記のリンクタグを掲載後、登録フォームからお申し込みください。

 

 

<a href="http://www.plantsfightingzombies.net/" target="_blank">http://www.plantsfightingzombies.net/</a>

 

 

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。

 

最新登録サイト表示

サイト名PRリンク
1アリシアクリニック 予約20
2ラポマイン10
3ミュゼ 100円10

 

トップページ紹介サイト

サイト名PRリンク
1ミュゼ 100円10
2ラポマイン10
3ミュゼ 千葉20
4TBC 予約9
5自己破産 相談10
6スローグロー10
7ミュゼ 福岡20
8ミュゼ 山梨中央20
9アリシアクリニック 予約20